子供連れでディズニーランドに行く際に気をつけること

赤ちゃん〜お年寄りまで家族みんなで使える!!



【アトピーやアレルギー体質にファムズベビー】

こどもを連れてTDRに行くときに気をつけたいこととは?

 

こどもを連れてTDRに行くときの注意点

ディズニーランドは夢の国・・・楽しみにして前日から眠れなくなるお子さんなども多いかもしれません。

 

せっかくのお子さんとのディズニーランドですから、楽しみたいですよね。

 

しかし、中にはこども連れでTDRに行ったときに困ったことになる場合も・・・。

 

 

そんな、ディズニーランドで子供連れのお客さんが困った実例で多いものを取り上げますので、あなたも注意してください。

 

 

体調不良に注意!!

 

まず、お子さんの体調不良です。

 

出発前から少し怪しかったパターンや、パークに来てから体調不良になったというパターンがあります。

 

お子さんは体調の変化が大人と違ってはっきり出ますから、無理がないようにしたいですね。

 

 

迷子に注意!!

 

次に迷子です。

 

ディズニーランド内はとても広く、一度お子さんとはぐれてしまうとなかなか会えなかったりします。

 

お子さんからはくれぐれも目を離さないようにしたいものです。

 

万が一はぐれてしまった場合には、迷子センターへすぐに問い合わせてみてください。

 

 

いつの間にか寝てしまう?!

 

次に、アトラクションの待ち時間に子供が寝てしまって、アトラクションに乗せてもらえないといったことです。

 

これはお子さんの安全上、寝ていると不意な動きに対応できないためキャストから声をかけられます。

 

もしどうしてもお子さんが起きないようでしたら、諦めるしかありません。

 

 

ケガに注意!!

 

ケガや靴ズレなどができてしまったということもよくあります。

 

ケガをした場合は救護室に行くことをおすすめしますが、TDR内には全部で4カ所しかありません。

 

そのため、ちょっとしたケガなら自分で対処できるように、絆創膏を持っていくことをおすすめします。

 

 

他にもベビーカーで他のお客さんの足を踏んでしまったなど、ベビーカーを押して移動する際にも注意が必要です。